スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すごい円高

2011/08/09  CATEGORY/その他
たくさんのコメントありがとうございました!!
子供が風邪をひいて2週間以上家にこもっていました。
夏風邪はしつこいですね><。皆さまもお気を付けください。

ちまたでは円高になっておりますねぇ。
最初はドル安なのかと思っていましたが、他の通貨に対しても円高。

こんなに日本国内が放射能だのこども手当なくすだの復興財源だの増税だのってピーピー言っている中、世界からは「それでも今買えるのは日本くらいだよね」ってことなんですよね?
何だかよく分からなくなってきます。

でも、ひとつだけ分かるのは、夏休みの海外旅行がお得だってこと♪
月末あたりにちょっくら行ってきまーす☆

久しぶりに子供のお水や食べ物に敏感にならなくて済むかと思うとすごくうれしい。
(元々の日本の環境放射線は海外に比べると低かったので、実はあまり変わらないかもって話もありますが。。)
当たり前に安全・安心だったことがどれだけありがたかったかと思うこのごろです。

リフレッシュして、今後の資産運用方針を再確認する旅にしたいと思います!

スポンサーサイト

ベビーギャング

2011/05/22  CATEGORY/その他
yukiさん、コメントありがとうございました!!

最近、ちびたまがギャング化しています!!!

うちの子、6ヵ月でつかまり立ちを始め、9ヵ月の今ではキッチンのコンロのつまみを回そうとしています(汗)。キッチンの引き出しは制覇され、ちょっと静かだと思うと玄関で真っ黒になっていたり。。
毎日おっかけっこと片づけで大変です(笑)。

今日は車でおでかけ中、日向の駐車場に停めたので、チャイルドシートが冷えるまで膝に乗せていたのです。
すると走行中になんと鍵を開けてドアのレバーを引いたらしく、ドアが開いてしまったのです(@@;)。
心臓が飛び出すくらいビックリ!
抱えていたし、すぐにドアを内側から掴んだので大事には至りませんでしたがあわや大事故。

これからは(当然ですが)チャイルドシート必須です。反省。。

これから一人で歩くようになったらどうなっちゃうんだろう、と考えるだけで恐ろしい。
いたずらして見つかった時の、あのふてぶてしい笑顔。

大人の想像力ではついていけそうにありません。
その好奇心、行動力。ずっと大事にしてほしいし、芽を摘まないように、かつ無事に育てたいものです。ハァ~。

ゴーヤは今です!

2011/04/15  CATEGORY/その他
だいぶ暖かくなってきました。

東京電力管内の夏の節電対策として、ゴーヤカーテンを作る事にしました。

我が家は高台にあり真南向きの大きな窓があるので有効そうです♪

東京都では無料でゴーヤの種を配っているので、早速区役所でGET。
お住まいの地区の広報誌などでお確かめくださいね。

プランターやツルを絡ませるネットなどは100均で揃います。

ネットで発芽させる方法を調べて、いざタネまき。
3日くらいで根が出てくるらしい。



初挑戦ですが、大きな窓に緑が青々と茂る様子を想像すると楽しみです!

皆さん、ゴーヤの種まきは今ですよ!!

ベイジン

2011/04/06  CATEGORY/その他
昨年の6月だったなぁ。

ベイジン〈上〉 (幻冬舎文庫)   ベイジン〈下〉 (幻冬舎文庫)

フィクションで中国の官僚腐敗と原発事故を描いた本を読んでいました。

メルトダウンを危機一髪で命を賭して食い止める切ない話。
予言してたんじゃないかと思うような内容。

本の中で、日本は原発に対して管理と規律が徹底していて指導的な立場。

だったはずなのに。

今回の事故、この本の中国の官僚を日本のそれに置き換えるとしっくりくる気がします。

いつだって大変なのは現場の技術者。
上に立つ者の資質を問いたいものです。

現場にいる作業員さんありがとう。よろしくお願いします。

今やっていること

2011/03/16  CATEGORY/その他
たくさんのコメントありがとうございます!!
仙台は、依然最悪な状況ではありますが、その中でも少しずつ改善してきているようです。

・電気はそろそろ完全復活くらいまできていそう。
・水道も中心部から徐々に回復してきているみたいですが、たまこ実家や兄宅はまだ。
・ガスは不明。
・やはりガソリンの不足は解消されず。
・雪が降ったことで、雨どいからの水を風呂に貯め、トイレ用にしている。
・友人宅がプロパンなので、シャワーを浴びさせてもらった。
・会社に東京本社から物資が届いた(多分誰かが東京から運んだ?)ので食べ物が少し増えた。

兄は建設コンサルタントの会社に勤めているので、すでに仕事てんこもり。
自分のことだけでも手一杯なのに仕事までしています。

「何ができるか」を尋ねると、時間が取れないので情報を集めて整理して教えてくれとのこと。

・ガソリンスタンドの営業状況
・銭湯などのお風呂に入れるところの情報
・食事や給水の情報

これらは営業が変則的なので入れたらラッキーみたいな面が大きい。
ただ、被災者同士のツイッターや口コミ情報も徐々に増えているので、できるだけウォッチして有益な情報と思えるものを教えるようにしています。
それでも「すでに大行列」とかばかりなのですが。。

今家族のためにできることはそんなことだけです。

それにしても今回改めて痛感したのは、「プレイス・プレイス・プレイス」
津波の被害にしても、地盤にしても、災害の復旧の早さにしても、場所によって雲泥の差が出ました。

仙台には、幸い中心部に所有していたことで救われた面が多々ありました。
想定以上の出来事だったとは言え、場所の重要性を再認識した次第です。

それに加え、全て東京の法人との法人契約だったことで、家賃も滞りなく、ローンもほとんどないため返済も問題ありません。不幸中の幸いが続きました。

仙台大家の会メンバーの中には、物件が無くなってしまった方もいらっしゃるようです。
また、返済等の問題もあります(これについてはかなり特例措置が行われると思われます)。

今回関係なかった方も、対岸の火事と思わず色々な可能性を考えて対策を考えておくべきでしょう。
そしてもう一つ。
不動産は換金性の弱い資産。どうあがいても、この事実からは逃れられません。
ポートフォリオを再検討する必要性を感じています。

災害はいつ、どこに起こるか分からないのですから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。