スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海外旅行

一か月以上ぶりの更新です^^;。お元気でしたか???

無事に初めての子連れ海外旅行から無事に帰ってきました。
今回は知り合いのアメリカ人のお宅に泊めてもらい、至れり尽くせりの歓待を受け、交通費と自分の買い物以外ほとんどお金を使わずに帰ってきました^^;。

1歳になった息子は外国人のホストファミリーをおじいちゃん・おばあちゃんのごとくに慕ったため、彼らも孫のようにとっても可愛がってくれました。子供のほうが馴染むのが早いですね!!

海外に行って思ったのは、子連れに対してものすごくヘルプフルであることです。
皆親切にエレベーターの場所を教えてくれたり、入国審査も順番をすっ飛ばしてくれたり^^。
気持ちに余裕があるのかな・・・日本もヘルプフルですが、そうでないことも多かったりします。

お金持ちのアメリカ人と接していると、激しくウェルカムしてくれているのに、全く気を使わせないところがすごいと感じさせられます。
だから私たちはアメリカが大好きになったし、アメリカは素晴らしい国だと思いました。こうやってアメリカは豊かになっていくのだと思ったのです(経済は低迷していますが・・・)。

外国人に日本を好きになってもらうには、政府のキャンペーンなどではなく、やはり同じように外国人に対して激しくウェルカムすることなのだろうな。
私たちがホストファミリーにしてもらったように、彼らや彼らのお友達たちをもてなしたいと思います。
機会があればホストファミリーにも挑戦してみたいなぁ☆

水辺のお家

スポンサーサイト

2回行くことになったらしい

せくすいさん、yukiさん、コメントありがとうございました!!

少し前、夫が中国へ旅立ちました。

流行りの人民元預金(笑)。

HSBCと密に連絡を取り、完璧な段取りで口座開設。

・・・ここまでは良かったが、どうやらもう一度中国へ行く必要があるらしい。
キャッシュカードの暗証番号を取りに来て下さいと言われたそうです。

最近、日本のHSBCでも人民元口座の開設ができるようになりました。
日本のHSBCプレミア口座保持者向けです。
しかし、日本で開設できたとしても、やはり暗証番号は現地(中国)まで取りに行く必要があると書いてある。

中国元口座開設ブームなどで、セキュリティが厳しくなったのだとか。
このあたりはコロコロ変わるので、最新の情報を集める必要がありますね。

貯まったマイルを使うので旅費はほとんどかかりませんが、何事も皆が動く前に行動しておけば無駄なコストがかからないですね。



中性脂肪

Yokoさん、yukiさん、コメントありがとうございました!
まだワンコは見つかりません><。

さて、夫の身体検査の結果が送られてきました。

問題なし

良かった~!!
本当は人間ドックを受けてほしかったのですが、まぁ良しとします。

しかし、唯一B判定なのが中性脂肪

ただし、数値が高くてではなく、低くて。。
許容範囲の下限をわずかに下回っています。

実は夫の検診の前、たまこが妊婦健診の検査で引っかかり、しばらく減塩・低カロリー・高タンパク生活をしていました。
毎日温野菜+蒸しささみとか、豚しゃぶとか。

おかげでたまこはすっかり正常値に戻ったのですが、ちょっと夫が痩せた気がしていました(汗)。
病的な中性脂肪の低数値ではなかったものの、

貧しい食事しか与えていない

ようで、妻としては不本意な結果。

その日の夜ごはんはメンチカツカニクリームコロッケ
とりあえず揚げ物を与えてみました(笑)。



マネーロンダリング

たくさんのコメントありがとうございます!!

最近こんな本を読んでいました。

マネーロンダリング (幻冬舎文庫)
マネーロンダリング (幻冬舎文庫)

橘玲さんと言えば海外投資を楽しむ会の創立メンバーにして、たくさんの金融情報本を出版しています。
ロバート・キヨサキの「金持ち父さん・貧乏父さん」を読んで資産運用を勉強するようになり、橘さんの本も結構読んだ記憶があります。

この本はタイトル通り結構ブラックで難しい話なのですが、小説ということもありすんなりと理解できるので面白く感じました。
同じ事をノウハウ本で読んだら、きっと理解できないと思います。

小説の中の話は壮大で、先日までNHKでやっていた「チェイス~国税査察官~」のように一般人には関係ない話です。
でも、中には海外送金の方法など、合法で一般人が使えるノウハウがさりげなく紹介されていて、そこが大変興味深かったです。

そもそもマネーロンダリングや脱税というのは、小市民がやったところでリスクとコストに合わない話。
ただ、これだけ金融がグローバル化していて、日本の立ち位置に不安を覚える昨今、国際金融と無縁で生きていくのもリスクだと思います。

もちろん合法なものに限りますが、(すぐに実行するかどうかは別として)選択肢を増やしておくためにも、海外の金融事情について勉強しておくのもいいなぁと思いました。

ちなみに、海外の銀行に口座を開く時、英文の残高証明書(住所記載付き)が必要になることが多いですが、日本のメガバンクでは出すことができません。お客様サポートに電話して、支店の窓口の連絡先を教えられ、やっと支店の担当者をつかまえても「そのようなひな形がありませんので出せません」の一点張りでした。

たまこ家ではそのために、新生銀行に口座を開設してみました。
こちらは旧長銀から生まれ変わる時、インドのシステム会社に開発を依頼し、邦銀とは一線を画す銀行業務システムを導入したそうです。

口座を開いた瞬間から、英文の残高証明も電話一本ですぐに郵送(無料)してくれるし、預金ステージによっては海外送金が無料になるような優遇があったりして使い勝手の良さを感じます。

調べれば調べるだけお得で使いやすい方法を発見できるので、積極的に情報を集めていこうと思いました。

ボーナスの季節♪

たくさんのコメントありがとうございました!!

ヒャッホーイ!!

今日は楽しいボーナスday♪♪
夏のボーナスはFIXなので金額は分かっていたけれど、朝一で入金確認(^^)v。
半月後にはお給料も入るし、ルンルン~♪

・・・にしても、なんだこの税金はΣ(@@)

額面聞いて「おぉ~、パチパチ!」と思っていたのに、実際は。。
せっかく稼いでも、これだけ持っていかれるとヤル気無くしちゃいます(夫談)。
たまこは充分うれしいですけど^^。

昨日の夕ご飯は、もちろん税金談義
食後は二人で、所得税をはじめ健康保険料や厚生年金保険料などをあらためて計算して重みを実感してみました。
今年無事に家族が増えれば少しは戻ってくるかもですが、借入の予定のない不動産部門でも赤字にしようと思います。

今読んでいる金融小説に、こんな一節が。

「資産運用に成功するコツは何か?」
「資産運用しないことと、税金を払わないこと。」

小市民のたまこ家でできる合法的な節税は限られますが、少しでもセーブしたいものです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。