スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


書けないところに真実がある

ナナさん、コメントありがとうございました!!

不動産をやっていると、本当に色々なことがあります。

リタイアしたいから。
楽してお金を儲けたい。

そんな気持ちで不動産の世界に飛び込んだ人のうち、適応できているのは何割くらいなんだろう。と時々思ったりします。
そもそも飛び込む人自体、数パーセントの割合だったりしますが。

なんでこんなことを書くかというと、そう。色々あったから(笑)。
簡単に書いても長くなる。

2番手を断ったあと入居キャンセルがあったんだけど、ダメもとで2番手に話が行って前向きな返事をもらって、そしたら1番手が復活して、でもその時には2番手が1番手になってて、結局1番手は墓穴を掘って入居できず、2番手が入居。

はぁ~分かりにくい!!

複数の不動産業者さんたちと散々交渉して決着しました。
私がど素人だったらたぶん1番手入居キャンセルで、2番手にも逃げられて泣き寝入りだったと思います。

2番手をつなぎとめられたのは普段から信頼関係を結んでいる業者さんがいたからだったし、1番手が復活したのはたぶん・・・不動産屋さんからキャンセルの連絡を受けたたまこの声にドスがきいていたからかと。。。

このへんのさじ加減は経験が必要だし、不動産屋さんの立場やルールをわきまえていたからできたことだと思います。
また、日ごろから良好な関係を築く努力をしたり、多少恩を売っていたり^^;。

具体的な交渉内容や会話の内容はとてもブログには書ききれません。

でも、この書ききれない部分に不動産の奥深さとか、経営の真実みたいなのがあるんでしょうね。
机上の空論では分からない、不動産のお話でした。

あ~、たまこも強くなったもんだ。

スポンサーサイト

ひと段落~!

せくすいさん、yukiさん、コメントありがとうございました!!
自分のブログを見るのも久しぶりのたまこ^^;。ランキングがすごいことに!まぁ~しょうがありませんね><。

さて、更新しない間に、5月半ばに空室になったお部屋の新しい入居者様が決定しました!!
今月下旬にはご入居されます。
ひゃっほーーーい☆

終わってみればなんと3番手様までお申し込みをいただきました。
ありがとうございましたm(_ _)m。

仙台は本当に貸せる物件がないようで。。
あっても修繕が追いついていない模様。

3番手様までお申し込みをいただきましたが、入れなかった方は未だ不安の残るお部屋で過ごさねばならぬわけです。
また、修理可能だといくら言っても、不安になって退去されてしまう大家さんもたくさんいらっしゃることでしょう。
「今より少しは安心」という賃貸住宅間での住み替えもたくさんあるようです。

貸し手側として喜ばしいことながら、複雑な気持ちですね。

新しいご入居者様に安心してお住まいいただけるよう今後も頑張ろうと思います。

借上げ

yukiさん、コメントありがとうございました!

3月の大震災による被災者がご入居されたお部屋。
入居者様の申請により、宮城県の借上げ住宅(震災被災者用)となることが決定しました。

ご入居時には個人契約でしたが、申請すれば遡って契約時から借上げとなるため、敷金・礼金・これまでの賃料も対象となります。
こちらのお部屋は礼金を無料にサービスしたのですが、結局借上げとなったことでいただけることになった訳です。

最初は、ちょっと損してもお役に立てればと思っていましたが、ちゃんとお天道様は見ていてくださったようでうれしく思います。

借上げ期間は2年間で定期借家契約。
ほぼ確実なお客様となり、ほっとしています。
とりあえず定借が切れたあと、更新(再契約)していただけるよう努めようと思います。

妄想上の優秀なビジネスマン

たくさんのコメントありがとうございました!!
BOSSさん、チャイルドロック分かりました^^。これで安心☆

ブログ更新しない間も、色々とお仕事しています。

修理が必要なお部屋はあと1件。
来週末工事予定です。

このお部屋には入居者様がいらっしゃるので、神経を使います。
しかも入居者様は優秀なビジネスマン(妄想ですが)。

妄想で優秀なビジネスマンと判断した理由は、電話での話し方と簡潔な説明能力、メールの返信の早さとこれまた簡潔な文章。
会ったこともないのに、サービス業で培われたたまこの「上客もてなし本能」が反応しました。

お客様を色分けするわけではないのですが、レベルの高いお客様と普通のお客様(お客様である以上、普通以下はたまこの中にはありません)では、どうしても対応に差が出てしまいます。
電話やメールでのちょっとしたやりとりだけでレベルが分かってしまうので、油断なりません(笑)。

連絡のメール一つにしても、やりとりの回数が少なくて済むように工夫したり、工務店さんに無理を承知で日程調整をお願いしたり、そもそも工務店さんをきちんとお話ができる方にお願いしたり。。
できる限りご迷惑をかけないように水面下で動きまわりダンドリを組みました。

それでも、どうしても1日会社を休んでもらう必要が出てしまい、申し訳ないので1000円分のスタバのギフトカードを送ってみたり(笑)。

上客と認識される人って、勝手にお得に生かされるような気がします。
自分もそうならなくちゃ、と思っている時点で下流なたまこでした。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。