スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キーレス賃貸セミナー

3時のpapaさん、KAZUさん、コメントありがとうございました!!!

たまこ、数日前に首を寝違えて非常に不快な日々を送っております。
パソコンを見ているだけで頭痛がしてきて、泣きそう(><)。

それはさておき、昨日久々にセミナーに参加してきました。
主催は暗証番号オートロックキーのメーカーセキュラさん(無料)。

昨日はセキュラのマイロックを賃貸住宅に導入している北海道の大家さんKAZUさんによる体験談が主体でした。何より勉強になったことは、KAZUさんの賃貸経営に対する考え方。

長期的視点での効果の検証。
効果の連鎖の検証。

成功した効果の応用。



とてもここには書ききれないので、是非KAZUさんのブログをご覧下さい。
また、いつかまたKAZUさんがセミナーでお話をする際に是非ご参加下さい!!

KAZUさんはなんと言ってもお話が大変上手でした。
内容にぶれがなく、非常に論理的
分かりやすかったです☆

賃貸経営でも大変成功されていらっしゃるので、是非もっと講演をしてほしいと個人的に思っています。

セミナー後の懇親会でお話をしたのですが、北海道でのマンション・アパート経営は大変そうです。
雪、また雪・・・。
雪や暖房関連の出費も相当なようで。
需給バランスの崩壊も深刻らしく、広告費なども大変だとか。

軽い気持ちで北海道の物件に手を出してはいけないなぁと実感。
区分所有でも管理費が高いのは納得です。

しかしそんな中で100戸以上所有するKAZUさんの物件で現在空室は2戸(@@)。
何よりもKAZUさんの経営の成果を物語っていると思いました。

暗証番号オートロックキーを導入したキーレス賃貸(KAZUさん命名)の可能性も含め、大変勉強になりました。
ステキな先輩方との出会いに感謝です☆

☆賃貸不動産 自主管理家主の奮闘記(KAZUさんのブログ)
http://tinntaiyanusi.12.dtiblog.com/
☆キーレス賃貸について
http://www.blue-field.jp/
☆オートロックのセキュラ
http://www.seqra.com/

この記事へのコメント
北海道は地元の事情を十分踏まえた上での投資でないと失敗しそうですね。

やはり投資はピンポイントで自分の分かる範囲で行うのがよいと再確認しました
星輝 | URL | 2008/02/22/Fri 12:01 [EDIT]
たまこさん、

KAZUさんのブログは私も読んでいて、「キーレス賃貸」については以前から興味がありました。

例えば、私やたまこさんの所有物件のように「区分所有」の場合はどうなのかしら・・・と。。

ぜひ私もKAZUさんのセミナー受けてみたいです。。

あー、こういう場合、やはり関東に住んでいる方がいいですよねー。
もう一度そちらに転勤ないかしら。。(笑)
よたちゃん | URL | 2008/02/22/Fri 14:25 [EDIT]
星輝さん
結構衝撃的でしたね・・・。
需給のバランスが崩れるという状態の恐ろしさ。
たまこの好きな仙台でも同じような状況になる恐れは充分にあると思うので、リスクヘッジとして「場所」を間違えないように気をつけようと思いました。

他人事ではない気がします。
たまこ | URL | 2008/02/24/Sun 13:42 [EDIT]
よたちゃんさん
よたちゃんさん、いつもありがとうございます!
キーレス賃貸のメリットは多いと思いました。
ただ、区分所有だと集合玄関のオートロックはなかなか変えられないので、個別の部屋だけということになりますよね。。
という点で全くのキーレスにはならないと思います。

が、投資に積極的な大家さんが多いマンションや、修繕積立金が潤沢なマンションであれば、管理組合に提案して、全体で取り入れることも可能かと思います。

説得するパワーと情熱があれば・・・の話ですが。

でも取り入れれば工事業者さんや仲介会社への鍵の貸し借りがなくなるので、結果として好循環になるような気がします。

これからはマンション全体で価値を下げない工夫をしていかないとどんどん厳しくなりますからねぇ。。。

東京は正直もう飽きたのですが、セミナーや文化的行事などは充実していますよね☆
東京にいらっしゃる際には是非お茶でもしましょう!!
たまこ | URL | 2008/02/24/Sun 13:49 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://petitretire.blog75.fc2.com/tb.php/198-1af584c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。