スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地震について思うこと

みなさん、ご心配いただき本当にありがとうございました。

昨日記事を書いた時には被害状況があまり伝わっておりませんでしたが、時間が経つにつれ犠牲者や大規模ながけ崩れの情報が出てきましたね。
犠牲になりました方のご冥福、被害に遭われた方、がけ崩れ等で大変な思いをされている方へ、心よりお見舞い申し上げます。
余震がだいぶ多いようですので、今後も気をつけていただきたいものです。

ニュースによると地震の規模は阪神大震災並みだったそうですが、被害は阪神とは比べ物にならないほど小さなもので済んだようです。

震源地が割と山あいで、家屋が少なかったということもあると思います。
その他、豪雪地帯であり重さ何トンの雪にも耐えられるような家屋の造り、断熱効果を高めるために厚く造った壁などが地震の衝撃から守ったのでは、という意見もあるようです。

ニュースでを見る大地のうねり(本当にすごいですよね!)、これが東京だったらどんなことになってしまうのだろうと心配になります。

この地震をきっかけに考えたこと。

①入居者さんを災害から守る方法・システム作り
②入居者さんの無事の確認方法・手順・システム作り
③建物の無事の確認方法・手順・システム作り(区分・自主管理の場合)
④リスクの再検討
⑤地震保険の内容の再検討
⑥物件の分散について




①一番大切なことは「人間の命」。これを疎かにして賃貸経営も何もないと思います。
入居者さんさえ決まったらあとはほったらかし・・・というのではなく、災害等が起こった場合に入居者さんにどのような行動をとってもらいたいかということを定期的に発信してみようかと思いました。

・各災害に対する行動フロー
・消火器の位置の確認
・通報の方法・通報システムの確認
・避難経路の確認
・最寄の消防署・警察の場所等

②今回の地震でもそうでしたが、建物に問題がなくても、非難しようと外に飛び出して交通事故に遭遇するなど二次的被害も考えられます。
入居者さんの状況を確認するにはどうすればよいでしょうか。

・災害伝言ダイヤルの活用を促す
・メールアドレスを交換しておき、メールで連絡を取る
・管理会社・仲介不動産屋さんに確認してもらう

③建物の被害は主に共用部分と専有部分に分けられます。

・共用部分は自分で見に行く
・マンション管理会社(区分所有の場合)に問い合わせる
・入居者さんに自分の無事を伝えてもらうのと同時に共用部分・占有部分の状況の報告をしてもらう

④今回の地震で、これまで気付かなかったリスクを知りました。
入会した仙台大家の会のメーリングリストにて教えてもらったことです。
対策できるものは積極的に対策しておいたほうが思わぬ被害を免れると思います。

・一棟もののプロパンの転倒・ガスもれ・爆発(被害に合った方はいませんでした)
・電気温水器の、地震の波長が合うことによるオーバーフロー(盲点でした)
・外壁に設置のエアコンの室外機

その他にもベランダに置いているプランターなど、思わぬところに危険が潜んでいる場合があると思いますので、一度総点検してみたいと思います。

⑤④に書いたようなリスクが現実化した場合に果たして保険がおりるのかの検討。
保険契約の条項をきちんと読んで、不明な場合は保険屋さんに確認して明確化しておこうと思います。

⑥物件を分散するメリットとデメリットを考えようと思います。
また、物件を選ぶ際の災害リスク度の検討。

・災害が起きた場合のリスク分散としては物件の分散は有効
・広範囲の災害の場合は物件が分散していると情報収集が大変
・災害に強い物件の選択
・周辺からの「もらい被害」(密集地の火事など)のリスクの検討

まだぼんやりとした考えですが、これを機に実現すべきものは実現しようと思います。
特に命に関わる問題はきちんと対策を考えようと思います。
皆さんはどんな対策をしていますか??
また、思わぬリスクなどの情報があれば是非教えて下さい。
この記事へのコメント
めちゃめちゃ勉強になります!
近所に地図専門店があるのですが、そこで地震のハザードマップがありました。
そういうものも活用して物件購入しようと思いました。
ほんと勉強になりました。
ありがとうございました♪
yuki | URL | 2008/06/15/Sun 22:13 [EDIT]
>①一番大切なことは「人間の命」。
その通りであります。

今回は建物その物が問題なくても、その他の要因による被害が多いです。

オーナー様側の対応は限られてくるので、難しい気がします。

自然の力のもの凄さを感じます。
工務店 | URL | 2008/06/15/Sun 22:50 [EDIT]
今回は波長がながくて(2秒以上?)、橋が落ちてしまったとききました。震度の規模ばかりに目が向きがちですが、これにはびっくりしました。ほかに出来る対策としては、耐震診断と耐震補強工事などでしょうか?
恵比寿のI | URL | 2008/06/16/Mon 03:54 [EDIT]
僕もちょうど地震保険の検討をしていたところでした。

しかし今回は幸い(?)家屋の倒壊は少なかったですよね。

雪対策などから開口部が少なく、屋根がトタンなど軽いことが幸いした、という話しもあるようです。

今、同じ規模のものが東京に来たら、僕は多分パニックに陥るしかありませんー汗
ひで | URL | 2008/06/16/Mon 16:50 [EDIT]
yukiさん
いえいえ。
あまり与えられる情報は持っていないのですが、何かの気付きになっていただければ幸いです☆
たまこ | URL | 2008/06/16/Mon 22:55 [EDIT]
工務店さん
東京で起こったらどうなるんでしょうね??
自然は人間の想像を超えるもの。
人間の力を過信してはいけませんね!
たまこ | URL | 2008/06/16/Mon 23:00 [EDIT]
恵比寿のIさん
波長・・・。
高層ビルやマンションでは免震構造であっても超長期振動で波長が合ってしまい、大きく揺れる危険があると、昔テレビで見た記憶があります。

一棟ものはオーナーの意識次第ですが、区分所有では耐震診断をして、強度不足だと判断されてしまうと、積立金を使って工事しない限り価値が下がってしまう(情報は出さなければいけないので)ため、わざわざ耐震診断しない物件も多いと聞きます。

耐震診断、しないといけないですよねぇ。
たまこ | URL | 2008/06/16/Mon 23:11 [EDIT]
ひでさん
東京にもいつかは分かりませんが、たぶん大きな地震は来ますよね・・・。コワイです。

対策できることはして、あとは祈るしかないですね。。
たまこ | URL | 2008/06/16/Mon 23:17 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://petitretire.blog75.fc2.com/tb.php/249-21e5795d
-
管理人の承認後に表示されます
2008/06/15/Sun 18:53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。