スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不動産屋さん行脚

自宅用の不動産を探そうと、正月明けから近隣の不動産屋さんに挨拶に回っていました。
三井のリハウスさんをはじめ、大手から地元の小さい不動産屋さんまで5件くらい。


しかし、たまこ夫婦の住む東京都心は本当に高かった・・・。地方の投資用物件の値段になれてしまっていたたまことしては、手が出ない!

50㎡ちょいくらいの物件でも3000万円台後半がざら。仮に賃貸に出すとしても16万円前後。利回りにしたら5%前後でしょうね。





3000万円台後半の物件と言っても、築25年以上の物件が多いです。築浅になると4000万円を軽く超えてきます。


古くても(築30年以上)、立地が良く、リフォームがされている物件はビンテージ化して高値で取引されている様子。リフォーム業者さんが古い物件を安く買って、新品のようにリフォームして、利益を乗っけて高く販売しているのも結構あります。


不動産屋さんに
「高いですね。」
と言うと、返ってきた答えは
「私は昨年この辺りでマンションの買い替えをしましたが、売ったほうのマンションは買った時より500万円高く売れましたよ。転売も視野に入れてみては?」
と言うもの。


歴史は繰り返す・・・と感じずにはいられませんでした。
確かにすぐすぐ値崩れすることはないかもしれません。今買って損することはないのかもしれません。でも、不動産投資家の端くれとして、

実態以上のものは買いたくない

のが本音。
実態以上の物件で大きなローンを背負ってしまったら、ある程度ローンを返済するまで自宅を担保にできない可能性もありますからね。


狙い目は2000万円台の物件。この値段で良い物件はなかなかないと思うので、当分待つことになりそうです。新着物件を日々チェックして、時機を逃さないように準備しようと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://petitretire.blog75.fc2.com/tb.php/34-142683dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。