スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャッシュフローの改善策

お正月に立てた目標の一つにキャッシュフローの改善ということを挙げました。
というのも、2006年11月くらいからあまり貯蓄できておらず、今年もう一件現金で投資用物件を購入しようと思うと、資金が足りなくなる可能性が出てきたからです。


はじめに、通帳やクレジットカードの明細を洗いだし、毎月かかる経常支出を再チェック。光熱費・保険・電話代など・・・。


それに、年払いの支出も再チェック。所有する2つのマンションの固定資産税、不労所得が増えたことで増えた県民・市民税や確定申告による追加の税金など・・・。





たまこの家の電話はYahoo!BBを使っているのですが、基本料金に加え機器のレンタルなどがかさみ5千円くらいになっていました。
内、無線LANの機器レンタルが千円だと分かり、即有線に変えました。だって電波を送るモデムから1mも離れていないところにパソコンを置いて、そこから動かしたことがないんですもん!無駄な事してたなぁと反省しました。


それに突然郵送されてくる税金も要注意。毎月積立てておかないと貯蓄の計画にかなり影響することが判明。
上に書いた年払いの税金だけで、昨年は20万円近くでした!


のんきにバリに行っていた時の代金、帰省の新幹線代もクレジットカードでたんまり。。。

ヤバイ!って感じでした。


そこで改善策♪

クレジットカードの利用禁止令を発布。まずは負債を無くす。
お小遣い制の導入←今まで夫に甘くしすぎていました(*^_ ^*)
・通帳の細分化
  1、夫婦それぞれのお小遣い通帳を持ち、その中でやりくりする。
  2、積立口座。年払いの税金・旅行に備えて毎月積立する。
  3、給与・口座引落し専用口座。出入金の管理を徹底。
  4、不労所得口座。家賃口座のこと。ここからは絶対引き出さない。


これらの改革で、毎月の支出がほぼ一定になるはず。
一年でどれだけ貯められるか具体的な数字で予想できるようになったので、俄然ヤル気が湧いてきましたー!!


夫ははじめ、お小遣い制にブーブー言っていました。お小遣い制でないことを男としての小さな幸せだと思っていたらしい(笑)。
でも一ヶ月の支出額を明確に数字で示したことで、お給料から支出額を引いた分全部貯金できることを再認識。


稼げば稼ぐだけ、プチリタイアが近づくのよ☆
とささやくと、

頑張る!

と発奮してくれましたー(単純・・・)♪


多分あと2、3件投資用物件を買うと、その不労所得収入だけで毎年1件くらい買えるようになってくるんですよね。
そうなったらこっちのもの。それまであともうひと踏ん張りです。

この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://petitretire.blog75.fc2.com/tb.php/37-f8885879
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。