スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベイジン

2010/06/16  CATEGORY/その他
yukiさん、せくすいさん、コメントありがとうございました!!

久しぶりに心を揺さぶられる本に出会えました(TvT)。

ベイジン〈上〉 (幻冬舎文庫)   ベイジン〈下〉 (幻冬舎文庫)

「ハゲタカ」の作者でもあります。
出版されたのは北京オリンピックの前なので、既にお読みになっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

中国での原発建設というのが舞台なのですが、そこに関わる中国共産党幹部のかけ引き、日本人技術者の苦悩が壮大なスケールで描かれています。
中国の光と陰、条理不条理に、まるで自分がそこにいるかのように一喜一憂してしまいます。

読書を中断しても感情がおさまらず、夢に出てくるくらい。
結局夢中になって上下巻を3日間で読んでしまいました。

最後は「なに、この切ない終わり方は!?」という感じですが、涙があふれ、しばらく寝つけませんでした。

お隣の巨人、中国。
これからアジアのけん引役となるであろうこの国を、もっと知りたいと思いました。

とにかく秀逸な作品ですので、もしまだお読みでない方は、是非!!!

この記事へのコメント
注文しました! おもしろそうですね♪
本の到着を楽しみにしています。
Yoko | URL | 2010/06/16/Wed 19:29 [EDIT]
Yokoさん
アマゾンの読者評価も高いですよね^^。
きっと気に入ると思います!
たまこ | URL | 2010/06/17/Thu 00:44 [EDIT]
月末までには読もうと思ってます。
せくすい | URL | 2010/06/18/Fri 10:26 [EDIT]
せくすいさん
世界事情通のせくすいさんも、楽しめる本だと思います。
熱い人間の魂を感じますよ☆
たまこ | URL | 2010/06/18/Fri 11:13 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://petitretire.blog75.fc2.com/tb.php/586-fa32f77c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。