スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プロ野球と眠れる価値

よたちゃんさん、清水さん、コメントありがとうございました!


最近東北楽天ゴールデンイーグルスが強い!!

いつもネットTV(楽天イーグルスTV)で観戦しているのですが、弱小チームがここまで粘れるチームになったかと親のような気持ちでいるたまこであります。

それもこれも、野村監督の熱心な(?)指導と、ルーキー田中君(マー君)のおかげでしょうか。





これまで仙台に行った時に何回か試合を見に行っているのですが、ことごとく負け。
ある時は、指定を予約していた新幹線を逃してまで延長戦に付き合ったのに、負け。

勝ってぱぁっと飲みに行くか!という気分になれない2シーズンでした。


しかし今年こそは違います!!
マー君が入団したことによって、報道陣やファンも増え、他の選手もヤル気が上がっているように見えます。


球団が勝つと、やっぱりファンも盛り上がりますよね。
今シーズンはこれまで以上に仙台の飲食店なんかは盛り上がっているのではないでしょうか。


ちょっと調べたところ、楽天イーグルスの東北地域に及ぼす経済効果約200億円くらいだとか。


不動産について言えば、楽天イーグルスのホーム「フルキャストスタジアム宮城(通称フルスタ)」は、仙台のいわゆる「繁華街」とは駅を挟んで反対側に位置します。


仙台は「繁華街」側を中心に発展した街なので、「フルスタ側」はこれまであまり開発されず、取り残されていました。


しかしプロ野球が来ることになり、フルスタ側に脚光が。
道路も広く、美しく整備され、道路沿いには新しいオフィスビルが建てられるようになりました。
まだ先のことですが、地下鉄が通る計画もあります。


住宅も、70年代に建てられたマンションや空き地が多かったのですが、どんどん新しいマンションが建設されています。
そんなマンションは一棟で買われたり、ところどころファンドの資金も入っていると聞きます。


少し前までは、「売りたくても売れない」場所だったのに。
あの時買い占めていたら今頃・・・と思っている人も多いはず(笑)。

さて、昨年購入した物件は「繁華街側」と「フルスタ側」、どちらにもアクセスしやすい場所。

地元の人にはあまりピンとこない場所のようですが、「繁華街側」から「フルスタ側」へJR線をまたぐ道路の整備計画があり、一帯が再開発地域に入っていました。


まだ工事は完了していないと思いますが、今後が楽しみな場所です。


地元にいると開発はゆっくりに感じたり、イメージが先行してしまうものですが、外から客観的に見ると変化に敏感になります。


温泉街に住む人が温泉の「価値」を当たり前だと思ってしまうのと同様、
不動産の本当の「価値」を正しく判断できるのは意外と外部の人なのかもしれません。


その街の眠れる価値を発掘し、磨きをかける、そんな投資家になりたいものです。

この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://petitretire.blog75.fc2.com/tb.php/82-251192b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。