スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3点ユニットバスリフォーム計画その3

先日リフォーム業者さんに見積もりを依頼した回答がありました。


今回は現在の3点ユニットバスのバスタブにシャワーカーテンの代わりになるような仕切り扉を付けるとどうなるか、という質問でした。


回答は、


そのような工事は難しい





と難色を示されてしまいました。もっとも、業者さんも実物を見ていないので確かな答えではないと言っています。


業者さんの懸念としては、3点ユニットの真ん中にある洗面台がバスタブにかかっているので、これを「交換する」というのが難しいということ。


ユニット」と言うだけあって、内部の交換というのはいろいろな「穴」の位置をずらすことができないのだそうです。さらに、ずらした跡を修正するのも難しいのだとか。


ずらす工事をしている業者さんもいるが、経年と共に塗装が落ちたりして漏水の原因になる危険もあるのでお勧めできないとのこと。


なるほどね。


結構大変なものです。とりあえず時間の猶予はあるので、他にどのような方法があるか提案して欲しいと伝えました。


今のところ、下駄箱を潰してトイレスペースにする案が一番現実的なようです。しかしこれも配管の図面を見ないと、できるかどうかはっきりと言えないらしいです。


バブル時期の建物なんて3点ユニットバスが多いじゃないですか。みなさんどうやって工事してるんでしょうね??


 

この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://petitretire.blog75.fc2.com/tb.php/9-cd1027c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。